最初に身に付けること|内定者研修で働きやすい会社をアピールできる

内定者研修で働きやすい会社をアピールできる

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に身に付けること

会議

外部講師が人気

仕事は自分で覚える時代はすでに終了しました。会社がきちんと社員にサポートを行い、人材を育成するスタンスを確立しないと社員を抱えておくこともできないばかりか、企業に貢献できる社員にも影響が出てしまうのです。社員に一番重要なのがビジネスマナーです。学校では教えてもらう項目ではないため、新入社員などに対してきちんとしたビジネスマナーを身に付けさせる必要があります。研修スタイルで行うのが一般的です。主に先輩社員や上司などが研修講師となり一通りのマナーを研修するのが通常ですが、最近では外部講師を招いて研修を行う事も多くなっています。特にマナーに厳しいとされる業界では研修講師の斡旋も行っており、新入社員に対して行われることが話題になっています。

新入社員の一度きり

ビジネスマナーと一言で言ってもその範囲は幅が広く、単純ではありません。基本的なことやふるまい方などを一から身に付ける必要があります。そしてこのビジネスマナーは新入社員の頃しか学ぶことはできません。後で教えてもらう機会はないのです。たとえ転職したとしてもそのマナーを改めて教えて燃えることはほとんどないのです。外部講師の研修は、非常に役に立ちます。その企業で使用することがない場面であっても、役に立つ内容が多くなっているのです。社会生活を送る以上マナーは絶対的に必要なものになります。そのため企業の社員としてだけでなく、一社会人としてのメリットも多数持っています。一度身に付けたマナーは忘れることはないのです。