会社の中核を担う研修|内定者研修で働きやすい会社をアピールできる

内定者研修で働きやすい会社をアピールできる

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の中核を担う研修

ミーティング

チームマネジメント力

社内研修を充実させることで人材育成を行う会社が増加しています。役割やポジションによって受ける研修を様々用意し、受講プログラムを斡旋している会社もあります。管理職研修もその一つです。管理職になる人に対して行われる研修という位置づけなのですが、その多くはマネジメント能力を養うことを目的としています。マネジメントは人をリードしていく力が必要となります。しかし相手が人であることからそのマネジメントの方法は決して簡単ではありません。チームリーダーとしてふさわしい行動や言動などとともに、チームの組織力をどのように強化していくのかを学ぶのが管理職研修となります。外部講師を招いて行われることもあります。成功している企業の実績を取り入れるためです。

利益体質を作る存在

管理職研修のカリキュラムには、人材育成のカテゴリがあります。部下との接し方や育成の仕方を学ぶのです。この部下との接し方は年々難しくなっているカテゴリの一つです。パワハラなどの言葉が一般的になる中、部下の育った環境や時代は管理職になる人とは異なります。部下の環境や時代、そして考え方や価値観を理解しないで育成しようとしても無理が生じてしまうのです。そのためしっかりと部下の状況を理解したうえで、育成することが大事なポイントになるのです。更に管理職研修では、利益構造についての概念も必要になります。会社に利益を貢献しないといくら素晴らしい仕事をしても意味をなさないのです。そのため利益に結び付く動きが求められるのです。