内定者研修で働きやすい会社をアピールできる

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に身に付けること

会議

新入社員にとって最も大事なのはビジネスマナーを身に付けることです。このマナーは、新入社員の時にしか教えてもらうことはありません。その後の社会人生活で教えてもらうことはないのです。最近では外部講師を招いた研修も数多く行われています。

Read More

内定辞退者を防止

ミーティング

横のつながりを強化

企業では学生に対する内定を行ったのち、新入社員として入社する前に行う内定者研修を実施する会社もあります。新入社員として採用後に入社研修を行う会社はほとんどです。しかしこの内定者研修は採用前に行う前に実施します。その目的は、内定者の辞退を防止することにあります。内定者研修は実務に近いもので行われます。これはこの会社で働くことを意識づけるために行うために行います。つまり内定者に辞退をさせないように実施するのです。採用にも多額なコストがかかっています。そのため一人でも内定辞退者を少なくしたいと考えているのです。他にも目的はあります。新卒者は同期入社となります。この同期は入社するまでわからないことも多いのですが、内定者研修で事前に把握することができます。

一日でも早く一人前にする

横のつながりは非常に大きく、入社前の不安を取り除くことに寄与します。人間関係などに不安を持つ人が多い中、同期でコミュニケーションをとることは非常に大事なのです。また横のつながりで個々の意識を高めることにも寄与します。ライバル意識やモチベーション向上にもつながるのです。最後の目的は新人研修につなげる研修である事です。社会人のマナーやビジネスマナーなどは入社前でも身につけることができます。新人研修時点で開始するのでは時間のロスになります。一日でも早く戦力として利益を生む体制にするには、研修の開始時期を早めることが最も効果的な方法なのです。内定者にそれを理解させるとともに、ビジネス戦士として入社後の位置づけなどを学ぶために開催されるのです。

社員のやる気をあげよう

スーツケース

社員のモチベーションを維持するために、日ごろの社員への感謝の気持ちとして社員旅行を計画するのも大切です。社員旅行は社員の息抜きだけではなく、社員同士の親睦を深める効果も期待できます。職場とは異なる雰囲気で交流するからこそ、親睦を深めることができるのです。

Read More

会社の中核を担う研修

ミーティング

社内研修の一環として管理職研修が行われます。管理職は、会社にとって中核を担う存在です。そしてチームをまとめ組織力を高めて利益を出すことが求められます。そのための概念や部下の育成方法などを学ぶ内容になっています。

Read More